海外ノマドワーカーな日々

海外を旅しながら仕事してます。旅に便利な持ち物やガジェット、おすすめなサービスを紹介します。仕事の効率化や生活のライフハックなども。働きたくないでござる。

【旅行や出張におすすめ】衝撃に強いポータブルSSD SSPH-UT/Eシリーズの紹介

f:id:travel_and_work:20200502202900p:plain

こんにちは。ケイ (@kei_nomad) です。

この記事では、海外旅行におすすめな、軽量コンパクトかつ衝撃に強いポータブルSSDSSPH-UT/Eシリーズを紹介します。
この前はポータブルHDDを紹介しましたが、リンク先の記事の通り、紹介した時点よりかなり安くなってきたので、こちらに乗り換えしました。

 

 

なぜポータブルSSD

「ポータブルHDDの方が安いし、ポータブルSSDをわざわざ選ぶ必要があるの?」と考える人もいると思います。
HDDではなく、SSDを選ぶ利点は以下の3つです。

耐衝撃性

SSDはHDDとは違い、物理的に動作する部品がないので、衝撃に対して強い仕組みになっています。
海外旅行をしていると移動する機会が増えるので、落としたり、物をぶつけるリスクが普段より高くなるため、耐衝撃性は真っ先に気にすべきポイントでしょう。

軽量コンパクト

内部の構造的に、同じ容量でもHDDよりはるかに軽くなります。
また、軽量なので、落とした時の本体にかかるダメージが低くなります。
イメージとしては、USBメモリを落としたところで壊れることはほとんどありませんよね?
そんな感じです。
軽量コンパクトになるということは、やはり海外旅行においても有利です。
なぜなら、荷物が軽くなると移動する際の心理的な負担が下がるからです。

安くなってきた

1年前だと、1TBのポータブルHDDが6000~7000円ぐらいに対して、ポータブルSSDは1万5000~2万円ぐらいとかなりの価格差がありました。
しかし、現在だと同容量でも1万円ぐらいからあります。

 

SSPH-UT/Eシリーズの良いところ

さて、ポータブルSSDも色々ありますが、海外旅行に最適なものはどれかを徹底検証した結果、私はSSPH-UT/Eシリーズを選びました。
私が買ったのは960GBのモデルです。
以下は、SSPH-UT/Eシリーズのおすすめする点です。

圧倒的に小型軽量

重さはなんと約55gと、びっくりするぐらいの軽さです。
ちなみに、一般的なポータブルHDDだと200-300gぐらいです。
サイズもポケットにはいるぐらいなので、場所も取りません。

衝撃に強い

上に書いた通り、SSD自体、衝撃に強い構造をしていますが、SSPH-UT/Eシリーズの場合、外装は耐衝撃に配慮したシリコンラバー素材になっているので、他の一般的なものより安心できます。

ポータブルSSDの中では圧倒的にコスパが良い

ポータブルSSDの中では、容量あたりの価格がかなり安いです。
もう少し安いのもあるのですが、コンパクトさ、軽量性を考えると、海外旅行にはこのモデルがベストです。

 

SSPH-UT/Eシリーズの気になるところ

HDDと比べると、それでもやっぱり高い

当然ながら、容量単位で考えるとHDDより高くなります。
しかしながら、ここまで値段が落ちたことと、耐衝撃性を考えるとこの程度の価格差はアリではないでしょうか?

もっと軽いSSDもある

他ポータブルSSDと比較してですが、もっとお金を出すと下記のようなもう少し良い物が買えます。
主な違いは、重さが30g程度であること、転送速度がより速くなること、40GBほど容量が増えること、(若干ですが)SSPH-UT/Eシリーズより耐久性が高いことです。
私は、3000~4000円プラスするほどのメリットは感じなかったので買いませんでしたが、上記が気になる方はこちらを選ぶのも手です。

転送速度

SSDにしては遅い」部類です。
転送速度が重要なものに使用するなら他のものを選択すべきですが、HDDよりは間違いなく早いので、一般的な用途には問題ないと思います。

 

まとめ

というわけで、おすすめのポータブルSSDを紹介しました。
大事なデータはPC、ポータブルSSDクラウドと三重にバックアップするのがおすすめです。